2020/06/21 投稿

SEO対策業者の検索順位の罠

株式会社DKSG 代表 菅沼 大樹

先日、知人から「SEO対策しませんか?と営業電話が掛かってきたけど検索1位を確約ってできるの?」と相談されました。
今回は混同されがちな自然検索(オーガニック検索とも言います)と検索広告について簡単に解説したいと思います。

 

検索広告枠の1位はお金で買える

Google検索結果には広告枠があります。
まずこの広告枠が表示されてから、自然検索の結果が一覧表示されます(下図参照)。

この広告枠は現在の自然検索表示順位とは関係なく広告オークションの入札で決まります。
つまりお金で買えます(※ 広告ランクという仕組みですが詳細は省きます)。

冒頭の「検索1位」が広告枠のことか自然検索かは分かりませんが、SEO対策は自然検索で上位に表示するための施策の総称ですので、広告費用の話を切り出されたら身構えた方がいいかもしれません。

 

検索エンジンを追うな、ユーザーを追え。

一昔前は自然検索の上位表示を獲得する裏技がいくつかありました。
しかしGoogleの検索アルゴリズムの進化によりこういった手法は効かなくなり、逆に不正行為としてペナルティを受けるようになりました。

検索順位決定のアルゴリズムは公開されていませんが、どういったサイトが検索の上位に表示されやすいかはGoogleが公式にアナウンスしています。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

基本方針(上記サイトから抜粋)

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

  • ユーザーをだますようなことをしない。

  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。。

  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

 

私はお客さんに「ファンを作る意識が大切」と説明しています。

 

検索順位はGoogle公式ツールで確認

検索順位を確かめるためにいつも使っているブラウザやスマホで検索してもあまり意味がありません。
Googleがあなたが探している情報を予測して検索結果を表示するからです。

せめてChromeならシークレットウィンドウを使いましょう。

また、Google公式のSearch Consoleにアクセスすると平均検索順位が確認できます。
どんなキーワードで検索されているかも確認することができます。
Search Console の概要 – Search Console ヘルプ

 

検索広告も選択肢の1つ

新しいサービスを立ち上げると、検索結果の上位に表示されるまで待っていられない場合がほとんどです。
そういった場合に、検索広告やディスプレイ広告は威力を発揮します。
顧客ターゲットを分析し、認知してもらうための広告プロモーションに予算を割きましょう。

同時進行でサービスの価値が伝わるコンテンツを追加したり、ユーザーの疑問に答えるコラムを掲載するなどSEO対策を進めていくと、自然検索で上位に表示されるようになり、検索広告にお金をかけなくてもいい時期が訪れます。

自然検索で必ず1位を獲得できる銀の弾丸はありません。
コツコツとユーザーの信頼を積み重ねる施策を戦略的に行いましょう!

 

このコラムは協議会メンバーが執筆しています。
情報発信したい方は事務局までお気軽にご連絡ください。